Publications

■ 2018

[学術論文誌]

・嶋田光佑,廣井慧,梶克彦,河口信夫:仮想空間を利用した空間認識能力の計測手法の提案,情報処理,Vol.59,No.1,pp.150-167,2018年1月

[国際会議]

・Kosuke Watanabe Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi:A Smartphone Short-Range Path Estimation Method using Spinning Magnet Marker, In Proceedings of the 9th international conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN 2018) [Poster Session], Sep.2018

・Hitomi Imai, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi : Arrival Time Estimation and Visualization based on Bus Traffic Data, The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018, May 2018

・Takehiro Arai, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi : Simulation and Visualization of Bus Operation with Passengers using Actual Bus Management Information, The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018, May 2018

[国内研究会(主著)]

廣井慧,花之内広太郎,河口信夫:地形の影響を考慮した降雪時におけるバス遅延分析,平成30年度電気関係学会東海支部連合大会,M2-4, 2018年9月

[国内研究会(共著)]

・玉森聡,石黒祥生, 廣井慧, 河口信夫, 武田一哉:高齢者の外出促進を目的とした行動認識の適応学習およびチャットアプリケーションの実証実験,情報処理学会研究報告,2018-CDS-23(13),pp.1-8,2018年8月

・渡邊康祐,廣井慧,梶克彦,河口信夫:回転磁石マーカを用いた基礎的なスマートフォン経路推定,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム、pp. 1048-1055、2018年7月

・浦野健太,廣井慧, 加藤真平, 駒形望,河口信夫:自動運転車のレーザセンサを利用した路面性状調査,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム、pp. 264-269、2018年7月

■ 2017

[学術論文誌]

・Chenyi Liao, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Ken Sakurada, Nobuo Kawaguchi:Event.Locky: System of Event-Data Extraction from Webpages based on Web Mining,Journal of Information Processing,Vol.25,pp.321-330,Apr.2017

・村田雄哉,梶克彦,廣井慧,河口信夫,神山剛,太田賢,稲村浩:歩行時の磁気センシングデータを利用した屋内位置推定手法,情報処理,Vol.58,No.1,pp.57-67,2017年1月

・武島知勲,梶克彦,廣井慧,河口信夫,神山剛,太田賢,稲村浩:通路に設置した回転する磁石による歩行者の通過検出手法,情報処理,Vol.58,No.1,pp.43-56,2017年1月

[国際会議]

・Kosuke Watanabe Kei Hiroi, Takeshi Kamiyama, Sano Hiroyuki and Masakatsu Tsukamoto, Masaji Katagiri, Daizo Ikeda, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi:A Three-Dimensional Smartphone Positioning Method using a Spinning Magnet Marker, In Proceedings of The Tenth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2017), Oct.2017

・Kenta Urano, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi : A Location Estimation Method using Mobile BLE Tags with Tandem Scanners, International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2017), Sep.2017

・Junto Nozaki, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi: Compensation Scheme for PDR using Sparse Location and Error Model, International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2017), Sep.2017

[国内研究会(主著)]

廣井慧,廖宸一,浦野健太,岡田一晃,河口信夫:屋内イベントにおける屋内測位×IoT実証実験のデータ収集とユーザ管理,情報処理学会研究報告,2017-MBL-84(22),pp.1-8,2017年8月

廣井慧:都市型水害におけるリアルタイム避難シミュレーションの提案,日本災害情報学会第19回学会大会,C5-1,2018年10月

[国内研究会(共著)]

・野﨑惇登,廣井慧,梶克彦,河口信夫:疎な位置情報と誤差モデルを用いたPDRの補正手法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム、pp. 29-37、2017年6月

・岡田一晃,飯田啓量,Chenyi Liao,今井瞳,浦野健太,牧与史,角倉慎弥,三橋諒也,野﨑惇登,廣井慧,梶克彦,河口信夫:BLEを用いたIPSJ79スタンプラリーの開発と行動分析,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム、pp. 1178-1187、2017年6月

・渡邊康祐,廣井慧,神山剛,佐野博之,塚本昌克,片桐雅二,池田大造,梶克彦,河口信夫:回転磁石マーカによるスマートフォンの3次元位置推定手法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム、pp. 1588-1597、2017年6月

・浦野健太,廣井慧,梶克彦,河口信夫:タンデムスキャナを用いた配布型BLEタグ位置推定手法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017)シンポジウム、pp. 1598-1606、2017年6月

・渡邊康祐,廣井慧,神山剛,佐野博之,塚本昌克,片桐雅二,池田大造,梶克彦,河口信夫:回転磁石マーカを用いたスマートフォン3次元位置推定の基礎的検討,情報処理学会第79回全国大会,4V-03,2017年3月

・浦野健太,廣井慧,河口信夫:IoT位置トラッキングシステムの構築を目的とした実環境におけるタンデムBLEスキャナの受信性能評価,情報処理学会第79回全国大会,3U-01,2017年3月

・嶋田光佑,廣井慧,梶克彦,河口信夫:空間認識能力計測のためのスマートフォンVRシステムの構築,情報処理学会第79回全国大会,2S-09,2017年3月

・岡田一晃,廣井慧,河口信夫:BLEスタンプラリーの展示観覧行動への効果に関する研究,情報処理学会第79回全国大会,2ZF-09,2017年3月

・今井瞳,廣井慧,河口信夫:バスロケーションデータを用いた運行状況の分析・可視化手法,情報処理学会第79回全国大会,1V-09,2017年3月

■ 2016

[国際会議]

・Kenta Urano, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi: A Location Estimation Method using BLE Tags Distributed Among Participants of a Large-Scale Exhibition, In Proceedings of the 13th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing Networking and Services (MOBIQUITOUS 2016), pp.124-129, Nov.2016

・Nobuo Kawaguchi, Kei Hiroi, Atsushi Shionozaki, Masamichi Asukai, Toshimune Nasu, Yu Hashimoto, Takeharu Nakamura, Tetsuya Gotou, Shinsuke Ando: Wi-Fi Human Behavior Analysis and BLE Tag Localization: A Case Study at an Underground Shopping Mall, In Proceedings of the 13th International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services(MOBIQUITOUS 2016), pp.151-159, Nov. 2016

Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi:FloodEye: Real-time flash flood prediction system for urban complex water flow, In Proceedings of IEEE SENSORS 2016 Conference(SENSORS2016), Nov.2016

・Kosuke Shimada, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi:Measurement Methods of Spatial Ability using a Virtual Reality System, In Proceedings of The Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2016), Oct.2016

Kei Hiroi, Yoichi Shinoda, Nobuo Kawaguchi, A Better Positioning with BLE Tag by RSSI Compensation through Crowd Density Estimation, In Proceedings of International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2016), Sep.2016

・Haruyuki Ichino, Katsuhiko Kaji, Ken Sakurada, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi, HASC-PAC2016: Large Scale Human Pedestrian Activity Corpus and Its Baseline Recognition, In Proceedings of International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2016), Sep.2016

・Katsuhiko Kaji, Masaaki Abe, Weimin Wang, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi : UbiComp/ISWC 2015 PDR Challenge Corpus, In Proceedings of International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2016), Sep.2016

・Masaaki Abe, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi:IEM:Path Independent Evaluation Metric for Relative Localization, In Proceedings of the 7th international conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation (IPIN 2016), Sep.2016

[国内研究会(主著)]

Kei Hiroi, Chenyi Liao, Weimin Wan, Kenta Urano, Shohei Ishimura, Haruyuki Ichino, Nobuo Kawaguchi:A Sensing Service of Participators with Bluetooth Low Energy Tag for Large-scale Events、情報処理学会研究報告、2016-UBI-50(7)、pp.1-6、2016.

[国内研究会(共著)]

・浦野健太、廣井慧、梶克彦、河口信夫:配布型BLEタグを用いたIoT位置トラッキングシステムの構築 -タンデムBLEスキャナを用いた人流計測に関する基礎的検討-,HCGシンポジウム2016,2016年12月

・Philip Hamoui,廣井慧,河口信夫:Time-Dependent Pedestrian Routing to Avoid Rain, 平成28年度電気関係学会東海支部連合大会,2016年9月

・浦野健太、廣井慧、梶克彦、河口信夫:大規模展示会における来場者分析のための配布型BLEタグを用いた位置推定手法、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム、pp. 1236-1243、2016年7月

・今井瞳、廣井慧、河口信夫:路線バスの運行データ分析に基づく到着時刻予測と精度解析、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム、pp. 631-637、2016年7月

・飯田啓量、櫻田健、廣井慧、河口信夫:音声ナビゲーションにおけるユーザ属性を考慮したランドマーク提示手法の提案、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム、pp. 782-788、2016年7月

・嶋田光佑、廣井慧、梶克彦、河口信夫:仮想空間システムを用いた空間認識能力計測手法の提案、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム、pp. 789-797、2016年7月

・武島知勲、梶克彦、廣井慧、河口信夫、神山剛、太田賢、稲村浩:回転磁石マーカに基づくスマートフォン位置推定、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム、pp. 889-898、2016年7月

■ 2015

[学術論文誌]

廣井慧,妙中雄三,加藤朗,砂原秀樹:地上気象観測に基づいた豪雨推定手法の一提案-豪雨の指標化モデルとその評価-,災害情報,No.3,pp.58-65,2015

[国際会議]

・Antonio Martinez, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi:Design and implementation of algorithm for estimation of elevator travel distance using smartphone accelerometer, International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Its Application (HASCA2015), Sep. 2015

・Chenyi Liao, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi, An Event Data Extraction Method Based on HTML Structure Analysis and Machine Learning, Proc. of the 2015 IEEE 39th Annual Conference on Computer Software and Applications Conference (COMPSAC), pp.217-222, 2015.

・Hirokazu Iida, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi :
A Proposal of IndoorGML Extended Data Model for Pedestrian-oriented Voice Navigation System, In Proceedings of the Seventh ACM SIGSPATIAL International Workshop on Indoor Spatial Awareness (ISA ’15), pp.2:1–2:6, 2015

・Chihiro Takeshima, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi, Takeshi Kamiyama, Ken Ohta, Hiroshi Inamura : A Pedestrian Passage Detection Method by using Spinning Magnets on Corridors, In Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp/ISWC’15) [Poster Session], pp.411–414, 2015

・Weimin Wang, Kenji Yamakawa, Kei Hiroi, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi : Velobug: a mobile system for 3D indoor mapping, In Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2015 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp/ISWC’15) [Poster Session], pp.411–414, 2015

 

[国内研究会(主著)]

廣井慧、井上朋哉、仲倉利浩、河口信夫、aFloodEye: 浸水予測ネットワーク実現のための実観測データを用いた浸水の自動モニタリングシステム、マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム、pp. 456-465、2015年7月

[国内研究会(共著)]

・嶋田光佑,廣井慧,梶克彦,河口信夫:仮想空間システムを用いた歩行者ナビ利用状況計測手法の提案,情報処理学会第78回全国大会,2016年3月

・浦野健太,今井瞳,廣井慧,河口信夫:バス運行情報を用いた路線認知のための位置情報ゲームの提案,情報処理学会第78回全国大会, 2016年3月

・安部真晃, 梶克彦, 廣井慧, 河口 信夫:経路の複雑さによらないPDR評価指標と経路可視化ツールの提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 334-339,2015年7月

・嶋田光佑, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫:歩行者向けナビゲーション評価のための仮想空間システムの構築,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 553-560,2015年7月

・飯田啓量, 廣井慧, 梶克彦, 河口信夫:歩行者向け音声ナビゲーションのためのIndoorGML拡張データモデルの提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 561-567,2015年7月

・武島知勲, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩:通路に設置した回転する磁石による歩行者の通過検出手法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 691-699,2015年7月

・石村昇平, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫:頭部ジェスチャによる入力インタフェースの開発と音声ナビゲーションへの適用,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 709-714,2015年7月

・村田雄哉, 梶克彦, 廣井慧, 河口信夫, 神山剛, 太田賢, 稲村浩:歩行時の磁気センシングデータを利用した屋内位置推定手法,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム,pp. 1024-1030,2015年7月

・市野晴之,石黒祥生,西田昌史,佐々木勇和,廣井,河口信夫,武田一哉(名大),私市一宏,坂本誠,大川徹:循環型情報基盤の実現に向けた大規模生活行動データ収集環境の構築,平成27年度電気関係学会東海支部連合大会,C3-6, 2015年9月

・WEIMIN WANG, KENJI YAMAKAWA, KEI HIROI, KATSUHIKO KAJI, NOBUO KAWAGUCHI : A Mobile System for 3D Indoor Mapping Using LiDAR and Panoramic Camera,情報処理学会研究報告,2015-UBI-46(1),pp.1-7,2015年5月

・廖宸一,廣井慧,梶克彦,河口信夫:HTML 構造解析と機械学習に基づくイベント情報抽出システムの提案,情報処理学会研究報告,2015-UBI-46(13), pp.1-7,2015年5月

・河口 信夫, 坂 涼司, 一円 真治, 飯田 啓量, 山川 健司, 廣井 慧, 梶 克彦 “スマートステーションなごや:次世代屋内位置情報サービスの研究開発,情報処理学会研究報告,2015-UBI-46(4), pp.1-7,2015年5月

 

■ 2014

[学術論文誌]

廣井慧,井上朋哉,妙中雄三,加藤朗,砂原秀樹:浸水発生の可能性とその危険を推定する指標化モデルの提案と評価,電子情報通信学会論文誌 D 特集論文 (学生論文特集),Vol.J98-D,No.3,pp.396-403,2015年3月

[国際会議]

・Ryoji Ban, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi:Indoor Positioning Method Integrating Pedestrian Dead Reckoning with Magnetic Field and WiFi Fingerprints, In Proceedings of The Eighth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2015), pp.169-174, Sapporo, Jun.2015

・Yuya Murata, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi: Pedestrian Dead Reckoning based on Human Activity Sensing Knowledge, In Proceedings of the 2nd International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2014), pp.797-806, Sep.2014

・Chenyi Liao, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi: Design and Implementation of Event Information Summarization System, In Proceedings of the IEEE 38th Annual International Computers, Software & Applications, Jul.2014

・Weichang Chen, Katsuhiko Kaji, Kei Hiroi, Nobuo Kawaguchi: Non-Local Dictionary Based Japanese Dish Names Recognition Using Multi-Feature CRF from Online Reviews, in Proceeding of the 4th International Conference on Web Intelligence, Mining and Semantics (WIMS14), No.14, Jun.2014

[国内研究会(主著)]

廣井慧,河口信夫:浸水被害の画像を用いた市街地における浸水深の検出手法の提案,情報処理学会研究報告,Vol. 2014-HCI-160, No.3,pp.1–6,2014年10月

廣井慧,仲倉利浩,落合秀也,井上朋哉,山形与志樹,河口信夫:自律型電源を用いた停電時に運用可能な市街地の浸水観測システムの提案,情報処理学会研究報告,Vol.2014-ITS-58,No.2,pp.1–7,2014年9月

廣井慧,中谷剛,三隅 良平,横山 仁:短時間強雨に対する高校生の防災教育システムの開発とその活用,日本気象学会2014年度春季大会,2014年5月

[国内研究会(共著)]

・Weichang Chen,Katsuhiko Kaji,Kei Hiroi,Nobuo Kawaguchi:レビューによる日本食と構成要素の関係抽出,情報処理学会第77回全国大会,2015年3月

・安部真晃,梶克彦,廣井慧,河口信夫,歩行者デッドレコニングに基づく軌跡推定の評価法の提案,情報処理学会第77回全国大会,2015年3月

・嶋田光佑,廣井慧,梶克彦,河口信夫,個人の空間認識能力に応じた歩行者向けナビゲーションの提案,情報処理学会第77回全国大会,2015年3月

・Philip Hamoui,廣井慧,梶克彦,河口信夫:A Proposal of method to avoid dangerous routes in emergency cases,情報処理学会第77回全国大会,2015年3月

・飯田啓量,廣井慧,梶克彦,河口信夫:屋内歩行者向け音声ナビゲーションのためのデータモデルの提案, 情報処理学会第77回全国大会, 2015年3月

・髙橋尚也, 中谷剛, 磯敦雄, 酒井将也, 横山仁, 廣井慧:気象情報を活用した防災教育, 日本気象学会2014年度春季大会, 2014年10月

・村田雄哉,梶克彦,廣井慧,河口信夫,神山剛,太田賢,稲村浩, 歩行時の磁気センシングデータの比較による移動経路推定手法, 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN),vol.114,no.418, pp. 61-66,2015年1月

 ・石村昇平,廣井慧,梶克彦,河口信夫,歩行中でも利用可能な頭部ジェスチャインタフェース, 平成26年度電気関係学会東海支部連合大会,N2-1, 2014年9月

・飯田啓量,安部真晃,嶋田光佑,廣井慧,梶克彦,河口信夫,発展途上国における土のうの共有を可能にする Web システム “Do you know Donou?” の提案, 平成26年度電気関係学会東海支部連合大会,L2-8, 2014年9月

 ・村田雄哉,梶克彦,廣井慧,河口信夫:歩行者自律測位における行動センシング知識の利用,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1614-1619,2014年7月

・武島知勳,梶克彦,廣井慧,河口信夫:無線LANモバイル基地局検出のための基地局情報収集フレームワーク,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.975-981,2014年7月

・廖宸一,梶克彦,廣井慧,河口信夫:時空間情報に基づくイベント情報の集約システムの開発,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.657-665, 2014年7月

・上村真也,梶克彦,廣井慧,竹中光,武内重樹,岡本学,河口信夫:ライフログ写真データに基づく連想検索に関する研究,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp.1104-1111,2014年7月

・一円真治,梶克彦,廣井慧,河口信夫:Linked Open Dataによる店舗POIの公開と活用手法の提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム, pp.1930-1938,2014年7月

・影澤秀明,廣井慧,奥矢淳,香取啓志,加藤朗,砂原秀樹:Twitterを用いたセンシングシステムの提案と考察,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム,pp. 725-732,2014年7月

 

■ 2013

[学術論文誌]

廣井慧,横山仁,中谷剛,瀬戸芳一,安藤晴夫,三隅良平,妙中雄三,中山雅哉,砂原秀 樹:短時間強雨等の局地的極端現象に対する高校生の防災意識向上に向けた気象センサネットワークの活用,情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&シス テム,情報処理学会,Vol.3,No.1,pp.10–20,2013年3月

廣井慧,妙中雄三,横山仁,中谷剛,瀬戸芳一,安藤晴夫,三隅良平,中山雅哉,砂原秀樹:気象観測網を活用した水害向け危険指標生成モデルの提案とその評価,電子情報通信学会論文誌 B ヒト・モノ・データをつなげるインターネットアーキテクチャ論文特集,電子情報通信学会,Vol. J96-B,No. 10,pp.1198-1205,2013年10月

[国際会議]

Kei Hiroi,Yoshiki Yamagata:A Design and Implementation of Risk Indicators for Flood Situations,International Conference and Utility Exhibition on: Green Energy for Sustainable Development 2014,Pattaya City,Thailand,March.2014

Kei Hiroi,Yoshihito Seto,Futoshi Matsumoto,Yuzo Taenaka,Hideya Ochiai,Haruo Ando,Hitoshi Yokoyama,Masaya Nakayama,Hideki Sunahara:Accurate and Early Detection of Localized Heavy Rain by Integrating Multivendor Sensors in Various Installation Environments,IEEE Sensors 2013 Conference,Baltimore,Maryland,USA,Nov.2013

Kei Hiroi,Hitoshi Yokoyama,Hideki Sunahara,Yoshiki Yamagata:Spatial Flooding Hazard Indices using Sensor Networks,IGU Kyoto Regional Conference,Kyoto,Japan,Aug.2013

[国内研究会(主著)]

廣井慧,井上朋哉,仲倉利浩,妙中雄三,加藤朗,砂原秀樹:Webカメラを活用した浸水観測ネットワークFloodEyeの構築と評価,インターネットコンファレンス2013,2013年10月

廣井慧,妙中雄三,砂原秀樹:水害発生時における災害情報の到達率向上を目的とした情報共通インタフェースの提案,情報処理学会研究報告, Vol.2013−IOT-21,No.4,pp.1–6,2013年5月 [情報処理学会IOT研究会・学生奨励賞受賞]

[国内研究会(共著)]

・横山仁,安藤晴夫,瀬戸芳一,廣井慧,中山雅哉,楠研一,真木雅之,斎藤勇人,高橋日出男:都市の極端気象観測に向けた地上気象モニタリング(1): 夏季における東京都内の気象特性,2013年5月

・瀬戸芳一,横山仁,安藤晴夫,廣井慧,中山雅哉,楠研一,真木雅之,斎藤勇人,高橋日出男:都市の極端気象観測に向けた地上気象モニタリング(2):都区部で発生する夏季の短時間強雨時における降水量分布と地上風系との関係,日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月

■ 2012

[学術論文誌]

・山内正人,藤枝慶,芝原隼人,安澤太郎,西條鉄太郎,廣井慧,砂原秀樹;Aroots:個人間での野菜育成を促進させるコミュニケーションシステムの提 案,情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム,情報処理学会,Vol.2,No.1,pp.20–27,2012年3月

[国内研究会(主著)]

廣井慧,妙中雄三,松井加奈絵,落合秀也,横山仁,砂原秀樹:河川洪水の危険指標生成モデルの提案,電子情報通信学会 IA研究会,Vol.20,No.22,pp.1–4,2013年3月 [電子情報通信学会IA研究会・学生奨励賞受賞]

 

廣井慧,妙中雄三,松井加奈絵,横山仁,砂原秀樹:河川水位観測に基づく河川リスク情報の生成と提供(ポスター発表),インターネットコンファレンス2012,2012年11月 [ポスタープレゼンテーション賞受賞]

廣井慧,横山仁,妙中雄三,中山雅哉,砂原秀樹:気象センサネットワークを活用した災害情報提供による高校生への防災教育,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,2012年7月

廣井慧, 横山仁,中谷剛,瀬戸芳一,安藤晴夫,三隅良平,山内正人,中山雅哉,砂原秀樹:短時間強雨等の局地的極端現象に対する高校生の防災意識向上に向けた気象 センサネットワークの活用,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,2012年7月

[国内研究会(共著)]

・須田真実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:地域の個性を伝える音声コンテンツの制作と提供システムの提案,情報処理学会研究報告,Vol.2013−IOT-20,No.3,pp.1–6,2013年3月

・徳山眞実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:女子力測定のための数値化手法の提案,情報処理学会研究報告,Vol.2013−IOT-20,No.40,pp.1–6,2013年3月

・須田真実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:GBvoice: 音声を主体としたアーカイヴシステムの考察,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,2012年7月

・徳山眞実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:女子力測定のための情報処理システムに関する一考察,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム,2012年7月

・瀬戸芳一,横山仁,安藤晴夫,廣井慧,青木正敏:2011年8月26日に東京都区部で発生した短時間強雨事例の解析―降水量分布と地上風系との関係について―,気象研究会,2012年5月

[その他発表、報告書等]

廣井慧,横山仁,中谷剛,瀬戸芳一,安藤晴夫,三隅良平,妙中雄三,中山雅哉,砂原秀樹:気象センサネットワークを活用した短時間強雨に対する高校生の防災教育システム,A Study on Sensor Networks for Efficient Scheme of Local HeavyRains:Disaster Prevention Awareness for High School Students,東京都環境科学研究所2012年度年報,pp.186–193,2013年3月

廣井慧:東京都環境科学研究所の取り組み ~ 防災教育と災害情報提供 ~,LiveE! 2012年度高大連携事業 成果報告会,2013年3月

廣井慧:河川水位観測に基づく河川リスク情報の生成と提供(ポスター発表),2012年WIDE冬研究会,2012年12月 [ポスター発表金賞受賞]

廣井慧:東京都環境研究所の取り組み「東京における温暖化とゲリラ豪雨等局地的極端現象との関係解析に関する研究」,LiveE!シンポジウム 2012,2012年9月

 

■ 2011

[国内研究会]

・上杉類,羅ハユン,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:Region of Interest: クラウドデータベースを活用した興味・関心の把握を目的とした教育支援サービスの実現,情報処理学会 IOT研究会,Vol.111,No.484,pp.55–60,2012年3月

・須田真実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:歴史体験のためのオーラルアーカイヴに関する一考察,電子情報通信学会 IA研究会,Vol.111,No.321,pp.37–42,2011年11月

・徳山眞実,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:家庭内における情報配信プラットフォーム構築の為の鏡型情報受信端末の試作と考察,電子情報通信学会 IA研究会,Vol.111,No.321,pp.1–5,2011年11月

・佐脇風里,山内正人,廣井慧,砂原秀樹:安全・安心な社会を作るためのマイクロブログを活用したセンサデータ利用方法について,日本ソフトウェア科学会第28回大会,2011年9月

・芝原隼人,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:センサデータと動画による家庭菜園のための知識共有システムの提案,日本ソフトウェア科学会第28回大会,2011年9月

・藤枝慶,芝原隼人,西條鉄太郎,安澤太郎,廣井慧,山内正人,砂原秀樹:Aroots:野菜育成を促進させるコミュニケーションシステムの提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム,2011年7月

[その他発表、報告書等]

廣井慧:東京都環境科学研究所の取り組み,LiveE! 2011年度高大連携事業 成果報告会,2012年3月

■ 2010

[国際会議]

Kei Hiroi,Masato Yamanouchi,Hideki Sunahara:A Proposal of Disaster Information System Based on the Internet Technologies(Poster Presentation),IEEE Sensors 2010 Conference,Waikoloa,HI,USA,Nov.2010

 

■ 〜2009

[学術論文誌]

・赤石一英,厚田大祐,天野篤,板井秀泰,宇田川真之,大原美保,小野田惠一,川口和哉,蔡垂功,須見徹太郎,関谷直也,高橋淳夫,武居信介,田中純一, 谷原和憲,中村功,中村信郎,新堀賢志,布村明彦,廣井慧,松尾一郎,三島和子,水上知之:平成20年8月末豪雨等に関する調査報告,災害情 報,No.7,pp.1–22 ,日本災害情報学会,2009年3月

[国内研究会]

廣井慧,遠峰隆史,杉浦一徳:災害情報の提供を目的とした時間・位置・トレンドを考慮した環境情報クラウドの実現,情報処理学会 DPS研究会,No.40,pp.1–8,2010年3月

廣井慧,山内正人,何暢,新堀賢志,松尾一郎,砂原秀樹:インターネット基盤を用いた防災情報システムの提案,電子情報通信学会 IA研究会,Vol.109,No.438,pp.129–134,2010年3月 [電子情報通信学会IA研究会・学生奨励賞受賞]

廣井慧,山内正人,新堀賢志,松尾一郎,砂原秀樹:インターネット基盤を用いた防災情報システムの提案,電子情報通信学会 IA研究会,Vol.109,No.351,pp.57–62,2009年12月 [電子情報通信学会IA研究会・学生奨励賞受賞]

廣井慧,山内正人,何暢,新堀賢志,松尾一郎,砂原秀樹:防災情報を伝達する自律分散協調システムに関する一考察~地方自治体における防災情報システムを例に~,日本災害情報学会 全国大会,2009年10月

[その他発表、報告書等]

廣井慧:防災情報を伝達する自律分散協調システム(ポスター発表),2009年WIDE夏研究会,2009年9月

■ 学位論文

[修士論文]
・廣井慧:組織間連携を考慮した災害情報共通基盤の実現と評価,慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科,2012年3月

[博士論文]
・廣井慧:豪雨・浸水の時空間分布を推定する指標化モデルに関する研究
An Indicator Model to Estimate Spatial and Temporal Distribution for Heavy Rain and Flooding,,慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科,2014年3月

 

 

■ 研究費助成等、競争的資金(代表のみ記載)

・廣井慧,総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE) ICT研究者育成型研究開発(若手研究者枠),2018年1月〜

・廣井慧,公益財団法人 I-O DATA 財団 助成事業,2018年4月〜2019年3月

・廣井慧,公益財団法人 内藤科学技術振興財団 助成事業,2016年4月〜2017年3月

・廣井慧,日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B),2015年4月〜2018年3月

・廣井慧,JST,A-STEP【FS】探索タイプ(情報通信技術分野),2014年12月〜2016年3月

・廣井慧,河川財団,河川整備基金助成事業採択(調査・研究部門),2014年4月〜2016年3月

・廣井慧,海外渡航費援助,電気通信普及財団,2013年11月

・廣井慧,若手研究者支援プログラム,慶應義塾大学,2013年4月

・廣井慧,平成25年度博士課程学生支援プログラム,慶應義塾大学,2013年4月

・廣井慧,若手研究者支援プログラム,慶應義塾大学,2012年4月

・廣井慧,平成24年度博士課程学生支援プログラム,慶應義塾大学,2012年4月

・廣井慧,慶應義塾大学大学院奨学金,慶應義塾大学,2011年4月

・廣井慧,若手研究者支援プログラム,慶應義塾大学,2011年4月